AGAは遺伝するってホント?

皆様は、「AGAは遺伝する」とか「親がはげていると自分もはげる」とかいった話を聞いたことがありませんか?

確かに自分の親がはげていると、「将来自分もこうなってしまうのだろうか」と不安になってしまいますよね。

では、実際のところはどうなのでしょうか。

AGAは、遺伝するのでしょうか。

残念ながら、答えはYESです。

近年の研究によって、AGAには遺伝的要素が強く関係しているということがわかってきました。

ちなみに遺伝子の影響を強く受けるのは母親側からの遺伝子であることもわかっています。

つまり「父親がはげていると将来自分もはげる」というのは厳密に言うとあまり正しくはなく、正確に言うと「母親の父親がはげていると将来自分もはげる」ということになります。

またご両親ともに薄毛家系である場合には、かなりの確率で将来AGAになってしまうことが予想されます。

そこでご両親、あるいはお母様の家系に薄毛の方がいるという方は、今のうちから薄毛対策をしておくことをおすすめします。

具体的には、頭皮を健康な状態に保ったり、毎日のシャンプーをしっかりとして頭皮を清潔にしておいたりすることが大切です。

生活習慣の改善ということですね。

日々の習慣、積み重ねが頭皮の環境や健康な髪を作るための栄養に関わってきますので、ご自身の生活がどうなのか一度見直してみると良いでしょう。

また余裕があれば育毛剤を使ったり、頭皮マッサージをしたりするのも効果的です。

最近は薄毛治療専門クリニックや皮膚科において将来AGAになる可能性があるかどうかを検査することも可能ですので、自分が将来はげてしまう可能性があるか気になるという方は、こういった検査を受けてみるのもいいかもしれません。

AGAにとって魅力的な名古屋のメリット